top of page
検索

イノック ステンレス製フランジなど7月から10~25%値上げ

 ステンレス製管フランジ、管継手の大手メーカーであるイノック(本社・大阪市西淀川区)は、7月1日出荷分からフランジ製品、ねじ込み継手製品、溶接継手製品、バルブ製品について10~25%以上の値上げを行う。

 今回値上げを実施するのは、ステンレス製管フランジ、ステンレス製ねじ込み式管継手、ステンレス製バルブ、ステンレス製突合せ溶接式管継手(配管用ステンレス製スタブエンド、キャップ含む)の4品種。

 ステンレス製突合せ溶接式管継手については、新価格表を制定し価格改定する。なお、一般配管用ステンレス鋼製突合せ溶接式管継手についても新たな価格表の制定を検討中である。

最新記事

すべて表示

イシグロ 九州の拠点拡充強化

イシグロ(社長石黒克司氏)はこのほど、100%子会社である三州機工商会(鹿児島市、社長三木英雄氏)を10月21日付で吸収合併すると発表した。 三州機工商会は、1946年11月に設立の管工機材・空調資材・断熱保温資材などの販売会社。鹿児島・宮崎を中心に三州地区(薩州・隅州・日州)を営業基盤とし、水道・空調・保温工事会社やリフォーム会社向けの販売に強みを持っている。2018年3月にイシグログループ入り

タブチ新社長に田渕貴之氏が就任

タブチ(本社・大阪市)の新社長に6月24日付で田渕貴之氏が就任した。 田渕宏政前社長は取締役会長に就いた。 田渕貴之氏は2014年4月に同社入社。営業、企画、開発、総務、財務の各部門で取締役本部長を歴任。慶応義塾大学卒業。1990年生まれ。

関東GF盛況開催

ユアサ商事(社長田村博之氏)の販売店組織「やまずみ会」主催、仕入れメーカー組織「炭協会」協賛、同社後援の展示会「つなぐ関東グランドフェア(関東GF)2024」が7月5・6日に幕張メッセ9~11ホールで開催され、1万6300人が来場し受注929億4900万円(目標達成率109.4%)と成功裡に閉幕した。

Comments


bottom of page