top of page

スリーエム工業、イシザキとの特許権侵害訴訟に勝訴

 ストレーナ・サイトグラスなどステンレス製バルブメーカーのスリーエム工業(本社・大阪市西区、社長奥野秀郎氏)は、イシザキからスリーエム工業の地上型フートバルブについてイシザキが保有する特許権を侵害すると製品の差し止め等を求められていたが、昨年12月26日に東京地方裁判所で開かれた第一審でスリーエム工業社製地上フートバルブはイシザキの特許権を侵害していないとの判決が下された。

最新記事

すべて表示

千葉県水道管工事協同組合(理事長臼倉進氏)は1月20日、創立70周年記念式典を千葉市のホテルニューオータニ幕張で挙行し、約250人が出席した。 千葉県水道管工事協同組合は、1953(昭和28)年6月に26社で設立し、高度経済成長の波に乗り水道事業の拡張に後押しされながら1972(昭和47)年に水道局払下げ材料の組合全面移行による共同購買事業を主要事業として取扱いを開始し、1979(昭和54)年に本

橋本総業ホールディングス(社長橋本政昭氏)所属の女子テニス・柴原瑛奈選手が1月29日、青山修子選手(近藤乳業)とのペアでテニス全豪オープン女子ダブルスで準優勝した。 グランドスラムの同種目で日本勢の決勝進出は2018年全仏オープンの穂積絵莉/二宮真琴組以来の2組目。日本選手同士のペアとして初のグランドスラム制覇はならなかったが決勝の大舞台で善戦したと評価されている。

住宅設備機器メーカーのタカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)は、システムキッチンなど一部商品のメーカー希望小売価格を4月3日受注分から改定(引き上げ)する。 改定率は、システムキッチンで7~14%程度、洗面化粧台で7~16%程度、単体浴槽で6~19%程度などとなっている。

bottom of page