top of page
検索

バルブフォトコンテスト募集中

 日本バルブ工業会は2月9日から写真と作品名で応募できる「バルブフォトコンテスト」を開催し、インスタグラムで作品を受け付けている。

 同工業会では、昨年まで12回にわたって写真と川柳のコンテスト「バルブフォト五七五コンテスト」を開催してきたが、これまで以上に若年層に向けてもバルブが様々な場所で社会活動や市民生活に貢献していることを周知したいとの意図からインスタグラムを通じて年中応募可能なコンテストとして刷新した。

 詳しい応募要領は https://j-valve.or.jp/valvephoto575/  から確認できる。

 第1回目の審査期間は、5月7日(火)24時までの投稿作品を審査し、6月6日審査結果を発表する予定となっている。

最新記事

すべて表示

積水化学工業 塩ビ管・複合管など5月21日出荷分から値上げ

積水化学工業は、5月21日出荷分から塩化ビニル管・建築設備配管製品・プラント製品・強化プラスチック複合管の価格改定(引き上げ)を行うと発表した。 対象製品と値上げ幅は次の通り。 「塩化ビニル関連製品」▽塩化ビニル管全般15%以上▽塩ビ継手、塩ビマス及び関連製品8%以上 「建築設備配管関連製品」▽建築設備用塩化ビニル管、継手及び関連製品10%以上▽建築設備用ポリエチレン管、継手及び関連製品10%以上

歩み遅し水道管の耐震化

厚生労働省がこのほどまとめた2022年度末時点の水道管耐震適合率は全国平均で42.3%と前年度末(41.1%)から1.1ポイントの上昇にとどまった。水道管・浄水施設・配水池を含めた水道管路の耐震化は老朽水道管の更新と 併せて水道事業の最大の課題となっている。

ความคิดเห็น


bottom of page