top of page
検索

ベン 戸別減圧弁ユニット「RHU-1型」販売開始

 ベンは、6月20日より戸別減圧弁ユニット「RHU―1型」(呼び径20)の販売を開始した。給水・給湯の圧力変動を一定にする目的でホテルや共同住宅等のパイプシャフト内に設置される戸別減圧弁周りをユニット化し、配管施工作業の短縮・省力化を狙う。

 同製品は、止水栓・減圧弁・逆止弁・架台のユニット化が可能な製品となっており、減圧弁はカートリッジ方式を採用。60メッシュ相当のストレーナが内蔵され、圧力調整済であるため調整なしで使用可能な製品となっている。減圧弁の一次側に止水栓が取り付けられるため、減圧弁や給水器具のメンテナンスが容易であり、カートリッジ方式を採用しているので要部の脱着・交換に工具が不要。ダイヤフラムとディスクにFKMを採用し、耐熱性が向上している。また、架台背面のボルトと座金で減圧弁が固定されており、床から二次側継手までの最小距離で40mm、最大距離で150mmまで調整が可能。

 さらに、二次側ユニオン継手はオス/メスどちらかの選択が可能で、逆止弁内蔵の有無も決められる。架台の他に圧力計用継手、テストロットが付属しており、テストロットを使用することで、施工後でも減圧弁を設置したまま1・75MPa以下の水圧試験が可能。

 その他、温水用識別キャップや減圧弁の上部から圧力が確認できるA型圧力計、横から確認ができるD型圧力計も別途注文可能となっている。

最新記事

すべて表示

イシグロ 九州の拠点拡充強化

イシグロ(社長石黒克司氏)はこのほど、100%子会社である三州機工商会(鹿児島市、社長三木英雄氏)を10月21日付で吸収合併すると発表した。 三州機工商会は、1946年11月に設立の管工機材・空調資材・断熱保温資材などの販売会社。鹿児島・宮崎を中心に三州地区(薩州・隅州・日州)を営業基盤とし、水道・空調・保温工事会社やリフォーム会社向けの販売に強みを持っている。2018年3月にイシグログループ入り

タブチ新社長に田渕貴之氏が就任

タブチ(本社・大阪市)の新社長に6月24日付で田渕貴之氏が就任した。 田渕宏政前社長は取締役会長に就いた。 田渕貴之氏は2014年4月に同社入社。営業、企画、開発、総務、財務の各部門で取締役本部長を歴任。慶応義塾大学卒業。1990年生まれ。

関東GF盛況開催

ユアサ商事(社長田村博之氏)の販売店組織「やまずみ会」主催、仕入れメーカー組織「炭協会」協賛、同社後援の展示会「つなぐ関東グランドフェア(関東GF)2024」が7月5・6日に幕張メッセ9~11ホールで開催され、1万6300人が来場し受注929億4900万円(目標達成率109.4%)と成功裡に閉幕した。

Comments


bottom of page