top of page
検索

全管連が愛媛で総会と全国大会を開催

 全国管工事業協同組合連合会(全管連、会長藤川幸造氏)は7月3日、第63回通常総会・全国大会を愛媛県松山市の愛媛県民文化会館で開催し、来年4月から水道整備・管理行政が厚生労働省から国土交通省と環境省に移管されるのに伴い、政府や関係省庁に幅広い視点から各種の要望を出していくことを申し合わせるとともに、多発する水害への対応力を拡充していくことなどを確認した。

最新記事

すべて表示

渡辺パイプに紺綬褒章

渡辺パイプ(社長渡辺圭祐氏)は、公益のため多額の私財を寄付したことで紺綬褒章を受章した。企業版ふるさと納税を通じて長野県佐久市が推進する野沢児童館・子ども子育て支援拠点施設整備事業に1000万円を寄付した。

秋の叙勲で橋本・管機連会長が旭日小綬章

秋の叙勲・褒章で本紙関連では全国管工機材商業連合会会長の橋本政昭氏(橋本総業ホールディングス社長)が旭日小綬章を受章した。 また、全国管工事業協同組合連合会理事(全管連)の松本正美氏が旭日双光章、ポンプメーカー・ニクニ社長の大崎荘一郎氏が旭日単光章、全管連理事の岡田章氏が黄綬褒章、荏原製作所フェローの辻村学氏が藍綬褒章をそれぞれ受章した。

橋本総業下期方針説明会を開く

橋本総業(会長橋本政昭氏・社長阪田貞一氏)は10月24日、2023年度下期方針説明会を浅草ビューホテルで開催し、仕入れ先など約150名が出席した。 説明会では、日本政策総研(今期から橋本総業ホールディングスが子会社化)代表取締役社長で北海道大学名誉教授宮脇淳氏が「次の世界構図を探る経済―日本・米国・中国経済の構造問題ー」と題して講演会も行われた。

bottom of page