top of page
検索

因幡電機産業 因幡電工カンパニー 空調用被覆銅管ほか各種製品3~4月より価格改定実施

 因幡電機産業 因幡電工カンパニー(大阪本社・大阪市西区)は、3月1日出荷分より主力製品である空調用被覆銅管、4月1日出荷分より配管化粧カバー「スリムダクトRD」(ステンレス)、耐火遮音カバー「IRLP」など樹脂・金属関連の空調配管資器材について価格改定を実施する。

 空調用被覆銅管の主原材料となる銅地金のかつてない高騰に加えて被覆材の原材料も高騰し、他の製品も燃料費、輸送コスト、副資材等の高騰により製造コストが著しく上昇しており、生産工程の合理化や諸経費の削減等企業努力のみではコストUP分を吸収することが困難と判断。製品の安定供給を維持するためにも今回価格改定に踏み切った。

 対象品種と改定率は次の通り。

【3月1日出荷分より価格改定】

 ▽空調用被覆銅管全般:現行標準単価より20%以上

【4月1日出荷分より価格改定】

 ▽配管化粧カバー「スリムダクトRD」(ステンレス)、防火区画貫通部材、耐火遮音カバー「IRLPP」、耐火パテ硬化型不燃タイプ、延焼防止パテ、鋼製スリーブ「EZSN/EZS」、断熱ドレンホース/アクセサリー「DSH」、ドレンあげゾウ用保温材「PMU」、隠ぺい配管挿入キット「CPT」、保温材接続テープ「JTA」、断熱粘着テープ「DHV」、防振吊り金具「BGK」、ロングフレキ「B―13・15」、袋ナット/パッキンセット「FN」、ファイヤーレスジョイント用保温材「FJH」、スパナ延長ハンドル「RSH」:現行価格より10%以上。

 同社では今後も「製品の安定供給と品質向上を図れるように取り組んでいく」として、今回の価格改定に理解と協力を求めている。

最新記事

すべて表示

オーケーエム 7月受注分からバルブ10%値上げ

オーケーエム(本社・滋賀県、社長奥村晋一氏)は、7月1日受注分から汎用・高圧用ゴムシートバタフライバルブなどバルブ製品の価格改定(10%引き上げ)を実施する。 対象製品は次の通り(改定率・一律10%)。 汎用ゴムシートバタフライバルブ/高圧用ゴムシートバタフライバルブ/フッ素樹脂ライニングバタフライバルブ/ハイパフォーマンスバタフライバルブ/ナイフゲートバルブ/ピンチバルブ(製品・ゴムスリーブ)/

国際ウエルディングショー開催10万人超来場し盛況

溶接に関連するハード・ソフトが一堂に揃う「2024国際ウエルディングショー」(JIWS、主催・日本溶接協会、産報出版)が4月24~27日の4日間、大阪市住之江区のインテック大阪(1~5号館)で開催され、会期中10万307人が来場して賑わった。

全管連藤川会長ら珠洲市長を表敬訪問

全国管工事業協同組合連合会(全管連)の藤川幸造会長は4月21日、石川県珠洲市役所に泉谷満寿珠洲市長を表敬訪問した。珠洲市から大宮準司環境建設課長、全管連会員で石川県管工事業協同組合連合会の茗荷谷豊副会長、珠洲市管工事協同組合の三百苅巧理事長らが同席した。

Commentaires


bottom of page