因幡電機産業 因幡電工カンパニー 空調用被覆銅管・部材価格改定

 因幡電機産業 因幡電工カンパニー(大阪本社・大阪市西区、社長喜多肇一氏)は、3月22日出荷分より主力製品である空調用被覆銅管、4月1日出荷分より、耐火遮音カバー「IRLP」、リフォームダクト「JDシリーズ」をはじめとする樹脂・金属関連の各種衛生・空調配管部材について価格改定を実施する。

 各製品の原材料価格のかつてない高騰が続き、輸送コスト、副資材価格も高騰しており、生産工程の合理化等企業努力のみではコストUP分を吸収することが困難と判断。今回、品種も多数に渡る事から価格改定表を準備し顧客への周知を図っていく。

 対象品種と改定率は次の通り。

 ▽空調用被覆銅管:約20%以上▽「耐火遮音カバー」IRLPシリーズ:15%以上▽「リフォームダクト」JDシリーズ:10%以上▽「スリムダクト」RDシリーズ:15%以上▽金属製品(振れ止め支持金具クロスロック、スーパーロック等の支持具・保持具・結束具製品:10~20%以上▽樹脂関連製品:15~20%、保温材、断熱材製品:15%以上等となっている。

最新記事

すべて表示

リケン(本社・東京都千代田区、社長前川泰則氏)はこのほど、配管用継手製造を手掛けるJFE継手(本社・大阪府岸和田市、社長寺内琢雅氏)の発行済み株式の76.56%を親会社のJFEスチールから取得し、2023年3月をめどに子会社化すると発表した。取得額は非公表。

渡辺パイプ(本社東京都中央区、社長渡辺圭祐氏)・セディアグループは10月31日、グループの流通ネットワークを活用した日本財団チャリティ自販機の設置す委員活動が認められ、公益財団法人日本財団(会長笹川陽平氏)から感謝状を受けた。 渡辺パイプ・セディアグループは生活インフラをつなぐ「パイプ役」を目指し、2030年までの社会的使命としてあるべき姿を描いたビジョン「SEDIA2030宣言」を掲げている。

因幡電機産業(本社大阪市西区、社長喜多肇一氏)はこのほど、アメリカ・カリフォルニア州南西部の都市トーランスに現地法人「Inaba Denko America Inc.」を設立した。 今回、同社の重点施策の一つである「グローバル展開の加速」を着実に推し進めるため、海外での自社ブランド製品の販売と販路拡大を目指して今年3月にアメリカ合衆国に現地法人を設立した。本格的な営業開始は来年1月3日を予定してい