top of page
検索

因幡電機産業 因幡電工カンパニー 空調用被覆銅管・部材価格改定

 因幡電機産業 因幡電工カンパニー(大阪本社・大阪市西区、社長喜多肇一氏)は、3月22日出荷分より主力製品である空調用被覆銅管、4月1日出荷分より、耐火遮音カバー「IRLP」、リフォームダクト「JDシリーズ」をはじめとする樹脂・金属関連の各種衛生・空調配管部材について価格改定を実施する。

 各製品の原材料価格のかつてない高騰が続き、輸送コスト、副資材価格も高騰しており、生産工程の合理化等企業努力のみではコストUP分を吸収することが困難と判断。今回、品種も多数に渡る事から価格改定表を準備し顧客への周知を図っていく。

 対象品種と改定率は次の通り。

 ▽空調用被覆銅管:約20%以上▽「耐火遮音カバー」IRLPシリーズ:15%以上▽「リフォームダクト」JDシリーズ:10%以上▽「スリムダクト」RDシリーズ:15%以上▽金属製品(振れ止め支持金具クロスロック、スーパーロック等の支持具・保持具・結束具製品:10~20%以上▽樹脂関連製品:15~20%、保温材、断熱材製品:15%以上等となっている。

最新記事

すべて表示

ダイキン工業と三浦工業 資本業務提携

ダイキン工業(社長兼CEO十河政則氏)と三浦工業(社長執行役員CEO兼CTO米田剛氏)は、5月30日に開催された両社の取締役会で資本業務提携することを決定した。 今回の提携では、ダイキンが三浦工業に出資し発行済株式の4.67%を取得、三浦工業はダイキンの全額出資子会社であるダイキンアプライドシステムズへの出資を行い、発行済株式の49%を取得する。

全国管工機材商業連合会 17日に定時社員総会を開催

全国管工機材商業連合会(管機連、会長橋本政昭氏)は6月17日、グランドアーク半蔵門で一般社団法人として第12回の定時社員総会を開催する。総会では、令和5年度事業報告・収支決算と6年度事業計画・収支予算などを議案として審議する。

オーケーエム 7月受注分からバルブ10%値上げ

オーケーエム(本社・滋賀県、社長奥村晋一氏)は、7月1日受注分から汎用・高圧用ゴムシートバタフライバルブなどバルブ製品の価格改定(10%引き上げ)を実施する。 対象製品は次の通り(改定率・一律10%)。 汎用ゴムシートバタフライバルブ/高圧用ゴムシートバタフライバルブ/フッ素樹脂ライニングバタフライバルブ/ハイパフォーマンスバタフライバルブ/ナイフゲートバルブ/ピンチバルブ(製品・ゴムスリーブ)/

Commentaires


bottom of page