top of page
検索

大阪管材組合 行政通じ工事発注者側に負担軽減など働きかけ


 大阪管工機材商業協同組合(理事長岡﨑信一氏)は、コロナ禍での管材業界を取り巻く現状を伝えようと今年初めから国土交通省近畿地方整備局と経済産業省生活産業室を通じて行政に対し働きかけを行い、このほど陳情結果として交通省とその周知方法について回答を得た。

 1月28日には、国土交通省近畿地方整備局に岡﨑理事長、九喜延之副理事長、多田修三会計理事らが訪問し、深刻な納期遅延の現状と建築物件の竣工遅れの状況を説明し、メーカー各社の努力だけでは解決困難であり流通と下請建設業者の負担が増大している窮状を訴え、ゼネコンに対し「工期の猶予」を柔軟に検討するよう行政を通じて指導することで元請・下請・流通業者間で話し合いの機会が設けられる土壌を生み出されるよう強く要望した。

最新記事

すべて表示

イシグロ 九州の拠点拡充強化

イシグロ(社長石黒克司氏)はこのほど、100%子会社である三州機工商会(鹿児島市、社長三木英雄氏)を10月21日付で吸収合併すると発表した。 三州機工商会は、1946年11月に設立の管工機材・空調資材・断熱保温資材などの販売会社。鹿児島・宮崎を中心に三州地区(薩州・隅州・日州)を営業基盤とし、水道・空調・保温工事会社やリフォーム会社向けの販売に強みを持っている。2018年3月にイシグログループ入り

タブチ新社長に田渕貴之氏が就任

タブチ(本社・大阪市)の新社長に6月24日付で田渕貴之氏が就任した。 田渕宏政前社長は取締役会長に就いた。 田渕貴之氏は2014年4月に同社入社。営業、企画、開発、総務、財務の各部門で取締役本部長を歴任。慶応義塾大学卒業。1990年生まれ。

関東GF盛況開催

ユアサ商事(社長田村博之氏)の販売店組織「やまずみ会」主催、仕入れメーカー組織「炭協会」協賛、同社後援の展示会「つなぐ関東グランドフェア(関東GF)2024」が7月5・6日に幕張メッセ9~11ホールで開催され、1万6300人が来場し受注929億4900万円(目標達成率109.4%)と成功裡に閉幕した。

Comments


bottom of page