大阪管材組合 行政通じ工事発注者側に負担軽減など働きかけ


 大阪管工機材商業協同組合(理事長岡﨑信一氏)は、コロナ禍での管材業界を取り巻く現状を伝えようと今年初めから国土交通省近畿地方整備局と経済産業省生活産業室を通じて行政に対し働きかけを行い、このほど陳情結果として交通省とその周知方法について回答を得た。

 1月28日には、国土交通省近畿地方整備局に岡﨑理事長、九喜延之副理事長、多田修三会計理事らが訪問し、深刻な納期遅延の現状と建築物件の竣工遅れの状況を説明し、メーカー各社の努力だけでは解決困難であり流通と下請建設業者の負担が増大している窮状を訴え、ゼネコンに対し「工期の猶予」を柔軟に検討するよう行政を通じて指導することで元請・下請・流通業者間で話し合いの機会が設けられる土壌を生み出されるよう強く要望した。

最新記事

すべて表示

リケン(本社・東京都千代田区、社長前川泰則氏)はこのほど、配管用継手製造を手掛けるJFE継手(本社・大阪府岸和田市、社長寺内琢雅氏)の発行済み株式の76.56%を親会社のJFEスチールから取得し、2023年3月をめどに子会社化すると発表した。取得額は非公表。

渡辺パイプ(本社東京都中央区、社長渡辺圭祐氏)・セディアグループは10月31日、グループの流通ネットワークを活用した日本財団チャリティ自販機の設置す委員活動が認められ、公益財団法人日本財団(会長笹川陽平氏)から感謝状を受けた。 渡辺パイプ・セディアグループは生活インフラをつなぐ「パイプ役」を目指し、2030年までの社会的使命としてあるべき姿を描いたビジョン「SEDIA2030宣言」を掲げている。

因幡電機産業(本社大阪市西区、社長喜多肇一氏)はこのほど、アメリカ・カリフォルニア州南西部の都市トーランスに現地法人「Inaba Denko America Inc.」を設立した。 今回、同社の重点施策の一つである「グローバル展開の加速」を着実に推し進めるため、海外での自社ブランド製品の販売と販路拡大を目指して今年3月にアメリカ合衆国に現地法人を設立した。本格的な営業開始は来年1月3日を予定してい