top of page
検索

岡谷鋼機 プロテリアルの配管機器事業を譲り受け

 岡谷鋼機(社長岡谷健広氏)は、プロテリアル(会長兼社長CEOショーン・スタック氏)及び同社子会社で営む配管機器事業を譲り受けることを決定したと発表した。譲受時期は今年7~8月を予定している。

 プロテリアルは、岡谷鋼機に同事業を譲渡し、持続的な事業成長をめざすことが全てのステークホルダーにとって最良の選択と判断したとしている。

 岡谷鋼機は、グローバルかつ多様な事業展開による強固な経営基盤をもとに当該事業の製品ポートフォリオとプロテリアルの現場に精通した技術力・販売力とのシナジー効果が見込めるとし、プロテリアルにより培われた技術を継承し、高い信用力を持つ「ひょうたん印」をはじめとする配管機器事業のブランドを維持しながら市場のニーズに対応した製品の開発を進め、社会インフラの整備に貢献していくとしている。

最新記事

すべて表示

オーケーエム 7月受注分からバルブ10%値上げ

オーケーエム(本社・滋賀県、社長奥村晋一氏)は、7月1日受注分から汎用・高圧用ゴムシートバタフライバルブなどバルブ製品の価格改定(10%引き上げ)を実施する。 対象製品は次の通り(改定率・一律10%)。 汎用ゴムシートバタフライバルブ/高圧用ゴムシートバタフライバルブ/フッ素樹脂ライニングバタフライバルブ/ハイパフォーマンスバタフライバルブ/ナイフゲートバルブ/ピンチバルブ(製品・ゴムスリーブ)/

国際ウエルディングショー開催10万人超来場し盛況

溶接に関連するハード・ソフトが一堂に揃う「2024国際ウエルディングショー」(JIWS、主催・日本溶接協会、産報出版)が4月24~27日の4日間、大阪市住之江区のインテック大阪(1~5号館)で開催され、会期中10万307人が来場して賑わった。

全管連藤川会長ら珠洲市長を表敬訪問

全国管工事業協同組合連合会(全管連)の藤川幸造会長は4月21日、石川県珠洲市役所に泉谷満寿珠洲市長を表敬訪問した。珠洲市から大宮準司環境建設課長、全管連会員で石川県管工事業協同組合連合会の茗荷谷豊副会長、珠洲市管工事協同組合の三百苅巧理事長らが同席した。

Comments


bottom of page