top of page
検索

管機連が第10回総会開く 橋本会長を再任

 全国管工事業協同組合連合会(会長橋本政昭氏、正会員全国18組合)は6月20日、第10回定時社員総会をホテルグランドアーク半蔵門で開催し、2021年度事業・決算報告を承認し、22年度事業計画・収支予算などを審議・決定したほか橋本会長を再任した。

 新役員の選任では、会長に橋本氏、副会長に向山英雄氏(東京)、久門龍明氏(大阪)、大藪淳一氏(愛知)、会計理事に竹内恭一氏(東京)、監事に小泉久則氏(東京)をそれぞれ選任した。

 今年度の事業計画には、重点項目として①管機連組織の増強②工販との連携③製販との連携④官公庁との連携強化⑤各地区組合の防災協定締結の推進⑥SDGsに対する取り組み推進⑦「管工機材の将来を考える研究会」の継続実施⑧情報発信の強化⑨青年度活動支援⑩管工機材・設備総合展への支援⑪働き方改革、人材不足へのサポート活動を掲げ、これらの実施を通じて管機連の指名を達成していく。

最新記事

すべて表示

渡辺パイプに紺綬褒章

渡辺パイプ(社長渡辺圭祐氏)は、公益のため多額の私財を寄付したことで紺綬褒章を受章した。企業版ふるさと納税を通じて長野県佐久市が推進する野沢児童館・子ども子育て支援拠点施設整備事業に1000万円を寄付した。

秋の叙勲で橋本・管機連会長が旭日小綬章

秋の叙勲・褒章で本紙関連では全国管工機材商業連合会会長の橋本政昭氏(橋本総業ホールディングス社長)が旭日小綬章を受章した。 また、全国管工事業協同組合連合会理事(全管連)の松本正美氏が旭日双光章、ポンプメーカー・ニクニ社長の大崎荘一郎氏が旭日単光章、全管連理事の岡田章氏が黄綬褒章、荏原製作所フェローの辻村学氏が藍綬褒章をそれぞれ受章した。

橋本総業下期方針説明会を開く

橋本総業(会長橋本政昭氏・社長阪田貞一氏)は10月24日、2023年度下期方針説明会を浅草ビューホテルで開催し、仕入れ先など約150名が出席した。 説明会では、日本政策総研(今期から橋本総業ホールディングスが子会社化)代表取締役社長で北海道大学名誉教授宮脇淳氏が「次の世界構図を探る経済―日本・米国・中国経済の構造問題ー」と題して講演会も行われた。

Σχόλια


bottom of page