管機連が第10回総会開く 橋本会長を再任

 全国管工事業協同組合連合会(会長橋本政昭氏、正会員全国18組合)は6月20日、第10回定時社員総会をホテルグランドアーク半蔵門で開催し、2021年度事業・決算報告を承認し、22年度事業計画・収支予算などを審議・決定したほか橋本会長を再任した。

 新役員の選任では、会長に橋本氏、副会長に向山英雄氏(東京)、久門龍明氏(大阪)、大藪淳一氏(愛知)、会計理事に竹内恭一氏(東京)、監事に小泉久則氏(東京)をそれぞれ選任した。

 今年度の事業計画には、重点項目として①管機連組織の増強②工販との連携③製販との連携④官公庁との連携強化⑤各地区組合の防災協定締結の推進⑥SDGsに対する取り組み推進⑦「管工機材の将来を考える研究会」の継続実施⑧情報発信の強化⑨青年度活動支援⑩管工機材・設備総合展への支援⑪働き方改革、人材不足へのサポート活動を掲げ、これらの実施を通じて管機連の指名を達成していく。

最新記事

すべて表示

リケン(本社・東京都千代田区、社長前川泰則氏)はこのほど、配管用継手製造を手掛けるJFE継手(本社・大阪府岸和田市、社長寺内琢雅氏)の発行済み株式の76.56%を親会社のJFEスチールから取得し、2023年3月をめどに子会社化すると発表した。取得額は非公表。

渡辺パイプ(本社東京都中央区、社長渡辺圭祐氏)・セディアグループは10月31日、グループの流通ネットワークを活用した日本財団チャリティ自販機の設置す委員活動が認められ、公益財団法人日本財団(会長笹川陽平氏)から感謝状を受けた。 渡辺パイプ・セディアグループは生活インフラをつなぐ「パイプ役」を目指し、2030年までの社会的使命としてあるべき姿を描いたビジョン「SEDIA2030宣言」を掲げている。

因幡電機産業(本社大阪市西区、社長喜多肇一氏)はこのほど、アメリカ・カリフォルニア州南西部の都市トーランスに現地法人「Inaba Denko America Inc.」を設立した。 今回、同社の重点施策の一つである「グローバル展開の加速」を着実に推し進めるため、海外での自社ブランド製品の販売と販路拡大を目指して今年3月にアメリカ合衆国に現地法人を設立した。本格的な営業開始は来年1月3日を予定してい