top of page
検索

粟井機鋼 MAレジンテック事業部発足

 配管機材・設備機器総合商社の粟井機鋼(本社・大阪市西区、社長粟井寛儀氏)はこのほど丸金樹脂パイプ株式会社から事業譲渡された樹脂加工事業の営業・生産・業務を司る事業部門を「MAレジンテック事業部」として新たに発足し改組を行い、業務を開始した。

 同社は樹脂管の加工・販売を手掛ける丸金樹脂パイプ株式会社より8月31日付けでプレハブ加工事業の一部を事業譲受した。丸金樹脂パイプがこれまで培ってきた伝統とノウハウを継承し、「販売イノベーションカンパニー」を企業理念に掲げる同社の総合提案力とCAD解析技術を融合させてデジタル時代に対応できるソリューション製品の創造を目指して、新事業で生産されるプレハブ加工品について「MAレジンテック」(MA resin tech)というブランド名を新たに策定した。丸金樹脂パイプと粟井機鋼がバインダーのように一つになり、新たな歴史を開いていくという思いを込めてロゴマークも新たに作成し、新規顧客の深耕とブランディング戦略を展開していく。

 

最新記事

すべて表示

ダイキン工業と三浦工業 資本業務提携

ダイキン工業(社長兼CEO十河政則氏)と三浦工業(社長執行役員CEO兼CTO米田剛氏)は、5月30日に開催された両社の取締役会で資本業務提携することを決定した。 今回の提携では、ダイキンが三浦工業に出資し発行済株式の4.67%を取得、三浦工業はダイキンの全額出資子会社であるダイキンアプライドシステムズへの出資を行い、発行済株式の49%を取得する。

全国管工機材商業連合会 17日に定時社員総会を開催

全国管工機材商業連合会(管機連、会長橋本政昭氏)は6月17日、グランドアーク半蔵門で一般社団法人として第12回の定時社員総会を開催する。総会では、令和5年度事業報告・収支決算と6年度事業計画・収支予算などを議案として審議する。

オーケーエム 7月受注分からバルブ10%値上げ

オーケーエム(本社・滋賀県、社長奥村晋一氏)は、7月1日受注分から汎用・高圧用ゴムシートバタフライバルブなどバルブ製品の価格改定(10%引き上げ)を実施する。 対象製品は次の通り(改定率・一律10%)。 汎用ゴムシートバタフライバルブ/高圧用ゴムシートバタフライバルブ/フッ素樹脂ライニングバタフライバルブ/ハイパフォーマンスバタフライバルブ/ナイフゲートバルブ/ピンチバルブ(製品・ゴムスリーブ)/

Komentarze


bottom of page