top of page
検索

3月6・7日に大阪で「機械加工システム展」開催

 ジーネット(本社・大阪市)は、3月6(水)・7日(木)の2日間、大阪市住之江区(南港)のインテックス大阪5号館A・Bで「2024大阪機械加工システム展」を開催する。

 同展は、2007年から2年に1回開催され、2015年からは毎年行われており、今回が11回目。6日は開会式が9時30分から行われ、開催時間は午前10時から午後5時まで。7日の開催時間は午前8時45分から午後4時までとなっている。今回は「潜在的問題解決のご提案」のテーマで開催し、近畿地区を中心とした同社有力販売店約200社が出展し、機械メーカー38社・機工メーカー143社の合計181社の規模で開催される。当エリアでの初出展は23社を数える。

最新記事

すべて表示

積水化学工業 塩ビ管・複合管など5月21日出荷分から値上げ

積水化学工業は、5月21日出荷分から塩化ビニル管・建築設備配管製品・プラント製品・強化プラスチック複合管の価格改定(引き上げ)を行うと発表した。 対象製品と値上げ幅は次の通り。 「塩化ビニル関連製品」▽塩化ビニル管全般15%以上▽塩ビ継手、塩ビマス及び関連製品8%以上 「建築設備配管関連製品」▽建築設備用塩化ビニル管、継手及び関連製品10%以上▽建築設備用ポリエチレン管、継手及び関連製品10%以上

歩み遅し水道管の耐震化

厚生労働省がこのほどまとめた2022年度末時点の水道管耐震適合率は全国平均で42.3%と前年度末(41.1%)から1.1ポイントの上昇にとどまった。水道管・浄水施設・配水池を含めた水道管路の耐震化は老朽水道管の更新と 併せて水道事業の最大の課題となっている。

コメント


bottom of page