top of page

 溶接に関連するハード・ソフトが一堂に揃う「2024国際ウエルディングショー」(JIWS、主催=日本溶接協会、産報出版)が4月24~27日の4日間、大阪市住之江区のインテック大阪(1~5号館)で開催される。開催時間は午前9時~午後5時(最終日は午後4時)事前登録をすると入場料(2200円)無料。

 今回の出展社数は約300社・団体となり、コロナ禍で直前に中止となった前回2020年の規模を上回り、大阪では過去最大の出展社数となる。

 インターモールド2024(第35回金型加工技術展)/金型展2024(主催・一般社団法人日本金型工業会・テレビ大阪)/金属プレス加工技術展2024(主催・一般社団法人日本金属プレス工業協会)は、4月17日~19日の3日間、大阪市住之江区のインテックス大阪6号館A・B館で開催する。開催時間は午前10時から午後5時まで。

 今回は、開催テーマを「変革に対応するものづくり~求められる技術のさらに先へイノベーションを発信し続ける」とし、金型設計・製造から金属プレス・プラスチック成形にいたる一連の工程における最新製品やサービスなど注目のソリューション提案を行う。

bottom of page