top of page

 因幡電機産業 因幡電工カンパニー(大阪本社・大阪市西区、社長喜多肇一氏)は、3月22日出荷分より主力製品である空調用被覆銅管、4月1日出荷分より、耐火遮音カバー「IRLP」、リフォームダクト「JDシリーズ」をはじめとする樹脂・金属関連の各種衛生・空調配管部材について価格改定を実施する。

 各製品の原材料価格のかつてない高騰が続き、輸送コスト、副資材価格も高騰しており、生産工程の合理化等企業努力のみではコストUP分を吸収することが困難と判断。今回、品種も多数に渡る事から価格改定表を準備し顧客への周知を図っていく。

 対象品種と改定率は次の通り。

 ▽空調用被覆銅管:約20%以上▽「耐火遮音カバー」IRLPシリーズ:15%以上▽「リフォームダクト」JDシリーズ:10%以上▽「スリムダクト」RDシリーズ:15%以上▽金属製品(振れ止め支持金具クロスロック、スーパーロック等の支持具・保持具・結束具製品:10~20%以上▽樹脂関連製品:15~20%、保温材、断熱材製品:15%以上等となっている。

 ダイジェット工業(本社・大阪市平野区、社長生悦住歩氏)は、「スプリングキャンペーン」を開催している。実施期間は、2月1日~4月28日迄。

 対象製品は、▽高能率肩削りカッタ「ショルダーエクストリームEXSAP/MSX形、EXSAP/MSX形、EXSA-P11/MSX-11形」▽高能率肩削りカッタ「ショルダー6EXSI形」。

 グローバルに展開する国内最大手銅管メーカーのコベルコマテリアル銅管(本社・東京都新宿区、社長角田秀夫氏、℡03-5326-8312)は、神戸製鋼所と三菱マテリアルがこれまで保有していた同社全株式を投資ファンド会社である丸の内キャピタルが管理・運営する特別目的会社に譲渡することで合意した。

 発行済株式の譲渡実行日は2022年3月31日を予定している。

bottom of page