top of page
検索

全国管工機材商業連合会新会長に大藪淳一氏選任

 全国管工機材商業連合会(管機連、会長橋本政昭氏)は6月17日、東京都千代田区のグランドアーク半蔵門で第12回定時社員総会を開催した。2023年度事業・決算報告、24年度事業計画・収支予算、定款変更などについて審議し承認したほか第8代となる新会長に大藪淳一氏(愛知組合前理事長、大清社長)を選任した。

 管機連は、管工機材商業流通業界の全国組織として業界の地位向上と各地区組合の連携強化による管材業界の発展を図ることを目的としており、今年度の事業計画では、①管機連組織の増強(正会員・特別会員・賛助会員の加入促進および地区組合組成に注力)②工販との連携(全管連)③製販との連携(メーカー、業界団体など)④官公庁との連携強化(経済産業省、国土交通省、中小企業庁など)⑤各地区組合の防災協定締結の推進(三管協方式などの展開)⑥SDGsに対する取組推進⑦「管工機材の将来を考える研究会」の継続実施⑧情報発信の強化(デイリーニュース、ウィークリーニュース発信、管機連だよりなど)⑨青年部活動支援⑩管工機材・設備総合展への支援(愛知組合)⑪働き方改革、人材不足へのサポート活動――を重点項目に掲げて、事業運営を図り管機連の使命を達成していく。

 役員の選任では、理事4名と監事1名が新たに選任され、地区組合理事長を退任した岡﨑信一氏(大阪)と渡部勝裕氏(岐阜)、組合事務局長を退任した阪尾知治氏(愛知)に橋本会長より感謝状が授与された。

 続いて新役員による臨時理事会が催され、会長に大藪氏(愛知)、副会長に向山英雄氏(東京)、久門龍明氏(大阪)、峰澤彰宏氏(愛知)、会計幹事に加藤木文康氏(東京)がそれぞれ選任された。また、橋本政昭前会長は新たに設けられた名誉会長として大藪会長を補佐していくことを決定した。

最新記事

すべて表示

イシグロ 九州の拠点拡充強化

イシグロ(社長石黒克司氏)はこのほど、100%子会社である三州機工商会(鹿児島市、社長三木英雄氏)を10月21日付で吸収合併すると発表した。 三州機工商会は、1946年11月に設立の管工機材・空調資材・断熱保温資材などの販売会社。鹿児島・宮崎を中心に三州地区(薩州・隅州・日州)を営業基盤とし、水道・空調・保温工事会社やリフォーム会社向けの販売に強みを持っている。2018年3月にイシグログループ入り

タブチ新社長に田渕貴之氏が就任

タブチ(本社・大阪市)の新社長に6月24日付で田渕貴之氏が就任した。 田渕宏政前社長は取締役会長に就いた。 田渕貴之氏は2014年4月に同社入社。営業、企画、開発、総務、財務の各部門で取締役本部長を歴任。慶応義塾大学卒業。1990年生まれ。

関東GF盛況開催

ユアサ商事(社長田村博之氏)の販売店組織「やまずみ会」主催、仕入れメーカー組織「炭協会」協賛、同社後援の展示会「つなぐ関東グランドフェア(関東GF)2024」が7月5・6日に幕張メッセ9~11ホールで開催され、1万6300人が来場し受注929億4900万円(目標達成率109.4%)と成功裡に閉幕した。

Comentários


bottom of page