top of page
検索

日本継手 管継手とSPフレキ関連8月から7~15%以上値上げ

 日本継手は、8月1日出荷分よりねじ込み式管継手やコア継手、PS継手など各種管継手と鋼管製管継手について価格改定を実施する。また、SPフレキ関連製品についても同様に8月1日出荷分より価格を改定する。

 高止まりするエネルギーコストに加えて鋼管並びに副資材価格も高騰し、配送費の増大なども要因となり製造コストは上昇しており、企業努力だけでは製造コストを吸収することが困難な状況と判断。安定的な供給を行うため、今回の価格改定に踏み切った。

 対象品種(区分)と価格改定率は次の通り。

 【一般】▽ねじ込み式管継手(白・黒)(PL)▽コア継手(Cコア・CDコア・BC6・Cコア・CDコア)▽NWジョイント▽水圧テストゲージ=7%以上【防災】▽20K運送管継手▽K―PLV継手▽PCHB継手▽ブランチサドル▽三方径違いチ―・径違いクロス▽停滞水防止継手▽SP分岐継手▽PS継手(ねじ込み式管継手・20K運送管継手・SP分岐継手)=7%以上【ガス】▽PLS・I―PLS・I―PLV継手▽PLSM・SGML継手(接合材含む)▽G―PLSM・SGM・HGM―S継手(接合材含む)▽不等沈下継手▽防食メカニカルボールバルブ▽絶縁継手(NZ・NZ2)▽RSユニオン・U字管▽トランジッション継手▽活管分岐継手(SSB〈防食・K・TM・GM〉)▽フレキシブル管(配管材料含む)▽メタルホース=7%以上【パイプニップル】▽一般(白・黒・PL)・給水・防災・ガス=10%以上【フランジ】▽一般(白・黒・PL)・給水・防災=7%以上。

 ▽SPフレキ関連製品(SP分岐継手を除く)=15%以上。

同社では「今後も技術の改善と品質向上を図り、製品の安定供給と品質の確保に努力していく」としている。

最新記事

すべて表示

イシグロ 九州の拠点拡充強化

イシグロ(社長石黒克司氏)はこのほど、100%子会社である三州機工商会(鹿児島市、社長三木英雄氏)を10月21日付で吸収合併すると発表した。 三州機工商会は、1946年11月に設立の管工機材・空調資材・断熱保温資材などの販売会社。鹿児島・宮崎を中心に三州地区(薩州・隅州・日州)を営業基盤とし、水道・空調・保温工事会社やリフォーム会社向けの販売に強みを持っている。2018年3月にイシグログループ入り

タブチ新社長に田渕貴之氏が就任

タブチ(本社・大阪市)の新社長に6月24日付で田渕貴之氏が就任した。 田渕宏政前社長は取締役会長に就いた。 田渕貴之氏は2014年4月に同社入社。営業、企画、開発、総務、財務の各部門で取締役本部長を歴任。慶応義塾大学卒業。1990年生まれ。

関東GF盛況開催

ユアサ商事(社長田村博之氏)の販売店組織「やまずみ会」主催、仕入れメーカー組織「炭協会」協賛、同社後援の展示会「つなぐ関東グランドフェア(関東GF)2024」が7月5・6日に幕張メッセ9~11ホールで開催され、1万6300人が来場し受注929億4900万円(目標達成率109.4%)と成功裡に閉幕した。

コメント


bottom of page