top of page

 公益財団法人大学コンソーシアム京都では現在、リカレント教育(学校教育を終えた社会人が教育機関で再び学びなおすことができる教育システム)プログラムの一つとして開講する「現代の教養講座~宇宙移住の現在・未来について」のオンライン受講者を募集している。

 京都大学大学院総合生存学館教授(SIC有人宇宙学研究センター長)の山敷庸亮氏や慶応義塾大学大学院法務研究科教授の青木節子氏らが講師となり、「宇宙移住の実現性」や「国際宇宙法の法制度」などをテーマに 世界中が注目する有人宇宙飛行をはじめ月や火星への移住に関する最先端の知見を、食・住など人類の生存に関する視点から科学技術や医療、法律まで幅広く学ぶことができる。地球保全や来るべき宇宙時代に何ができるかを参加者全員で考える機会を提供する内容となっている。

 開講方法は、ビデオ会議システム「ZOOM」を用いたオンライン形式。開講期間は、5月12日~8月18日。全8回予定しており、時間は各回とも午後6時30分~午後8時。受講料は、4000円。定員は、200名。

 受講希望者は、大学コンソーシアム京都「京カレッジWEB出願システム」( https://www.consortiumkyoto-miyakocollege.jp/ )より申し込む。出願申し込み後、受講可否通知が4月上旬までにメールで送信される。WEB出願期間は、3月4日~3月17日まで。

 建設管工資材総合商社の冨士機材(本社・東京都千代田区、社長千賀信宏氏)は、JFE商事鋼管管材から「昭和企業」(本社・長野県)の全株式を取得することで合意した。4月1日付で冨士機材のグループ会社として運営していく。

 昭和企業は、58年の業歴があり、上下水道資材・空調設備・住宅設備などを商材として長野県から山梨、岐阜、新潟各県で計11営業拠点を展開し、ライフラインや生活基盤を支える地域密着型の営業体制を構築している。2014年からJFE商事グループに入っていた。

 JFE継手(本社・大阪府岸和田市、社長寺内琢雅氏)は、4月1日出荷分よりねじ込みフランジの価格改定を実施する。   

 原材料であるスクラップ、副資材、輸送費の価格高騰による製造コストの上昇に加え、建築市場も長期低迷しており、企業努力だけでは製造コストを吸収することが困難な状況と判断。安定的な供給を行う為、今回の価格改定に踏み切った。

対象品種と価格改定率は、ダクタイル製ねじ込みフランジ(白、黒、PL、PS、20K、PS20K)で15%以上。

bottom of page